Read Article

子どもや乳児が風邪の時、お風呂はどうする?注意点はここ

乳児の風邪
子どもの病気風邪について
子どもや乳児はよく風邪をひくものですが親としては心配ですよね。特に、まだおしゃべりができない乳児や思っていることを上手く伝えられない年齢の子どもが風邪をひいた場合、「どうしたらいいのかわからない」と頭を悩ませる方も少なくないのではないでしょうか?ここでは、子どもや乳児の風邪風邪の時のお風呂についてお話ししていきたいと思います。

スポンサーリンク

風邪の時、お風呂はどうする?

子供 風邪
「風邪の時、子どもや乳児をお風呂に入れない方がいいのでは?」と思っている方もいらっしゃると思います。昔は「風邪の時のお風呂はダメ」なんて言われましたが、今では風邪をひいていても『熱が38℃以下である』『嘔吐やひどい下痢などがない』『元気で食欲がある』『機嫌が悪くない』などの場合はお風呂に入っても問題ないとされています。

ただし、お風呂に入ると体力を消耗しますので、ぬるめのお風呂を短時間で済ませるか、シャワーだけにとどめておくと良いでしょう。また、湯冷めしないようにお風呂のあとはしっかりと体を拭いてあげましょう。38℃以上の熱がある場合や「熱はないけれどお風呂に入れるのは不安…」という場合は、お湯で絞ったタオルで体を拭いてあげると良いですよ。

子どもや乳児の風邪について

子供の風邪
子どもや乳児は鼻水や咳などが出やすく「あれ?風邪かな?」と思うことが多いですよね。子どもや乳児は鼻や喉の粘膜が敏感なため、鼻水や咳が出ることが多いですが、鼻水や咳が出たからといって必ずしも風邪をひいたわけではありませんので、落ち着いて様子をみてあげてくださいね。ただし、鼻水や咳、高い熱があって機嫌が悪い、ぐったりしている、鼻詰まりが酷い、咳で夜眠れないなどの症状がある時は、かかりつけのお医者さんに診てもらってくださいね。

お風呂に入れるメリットは?

お風呂に入るメリット
風邪の時にお風呂に入ると、お肌が清潔になって血行が良くなるほか、お風呂の湯気や湿気で鼻の通りが良くなる・咳が治まるなどのメリットがあります。風邪の時のお風呂は絶対ダメではなく、メリットもあるのでお子さんの様子をみて入れてあげると良いでしょう。子どもや乳児が風邪をひいてしまったときは、こちらを参考にしてくださいね。

Return Top