妊娠育児ライフ

Read Article

妊娠後期や産後に寝ると背中が痛い!! 原因や対処法は?

産後の背中痛 妊娠背中の痛み
妊娠中や産後は体のあちこちに不調を感じることがあります。中でも、背中が痛みを感じることが多くなるようです。ここでは、妊娠後期や産後の背中の痛みの原因や対処法をご紹介していきますね。


スポンサーリンク

妊娠後期や産後に背中が痛い原因は?

背中が痛い原因 妊娠中はホルモンバランスの変化や出産に向けて体が変化していくことにより、さまざまな不調が起こりやすくなります。また、産後にもホルモンバランスの変化や、抱っこや授乳などで肩に力が入りやすく、背中が痛くなることがあります。

この状態を放っておくと背中の痛みや肩こりが酷くなることはもちろん、頭痛や吐き気、めまい、痺れなどの症状が現れる可能性もあります。

寝ると背中が痛い時の対処法はコレ

妊娠後期や産後に「背中が痛くて寝られない…」というのは大変辛いことですよね。そんなときは、ストレッチやマッサージを試してみましょう。背中や肩、首のコリに効くストレッチ&マッサージ方法はさまざまなサイトや動画で紹介されています。道具いらずでそれほど時間もかからず簡単にできる方法もありますので、ぜひ「これならできそう!!」と思う方法を探してみてくださいね。

⇒ 寝ると背中が痛い時の対処法【動画】


ちなみに、授乳時には無理な体勢にならないよう、クッションや枕などを使って赤ちゃんの位置を調節すると背中や肩、腕への負担を減らすことができますよ。妊娠後期や産後で背中の痛みにお悩みでしたら、こちらを参考にしてみてくださいね。

食生活の改善で背中の痛みが治る!?

背中の痛み 食事 「背中の痛みと食事って、なんの関係があるの?」と思われるかもしれませんが、実は 食生活を見直すことも背中の痛みを解消するためには必要です。いくらストレッチや運動をしても、食生活が乱れていてはせっかくの効果も台無し…。なので、ここでは、背中の痛みを改善するための食事法をご紹介します。

★お腹いっぱい食べず、「腹8分以下」で止める
背中の痛みや体調不良を訴えている人の多くは「食べ過ぎ」ています。疲れている人は特に、食べたものを消化する際、内臓疲労を起こしており、それが自律神経の疲れを引き起こすことが分かっています。
1日3食を食べて大丈夫ですが、1食分の食事量を少し減らすことで かなり改善されます。

★栄養バランスを考える
栄養バランスのとれた食事は、背中の痛みに限らず 健康に過ごすためには重要です。

・穀類 5~6割

・野菜やキノコ/いも/くだもの/豆類/海藻類 2~3割

・魚介/肉類 1割

・乳や乳製品/卵 1割

食事にも気を付ければ、ストレッチや運動の効果も出やすくなると思います♪ぜひ取り入れてみてくださいね!

Return Top