Read Article

出産の『おしるし』いつくるの?色や量は?

おしるし
出産「おしるし」について
出産のおしるしは多くの経産婦が経験していることです。出産のおしるしはおりもののことで、このおしるしと言われる出血があると間もなく陣痛が始まります。

ここでは、おしるしの色や量についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

おしるしの色や量について

おしるし
まずは、出産のおしるしの仕組みをご紹介します。出産が近づくと子宮口が開き始めて子宮が収縮します。赤ちゃんは「卵膜」という膜で包まれていますがその膜が剥がれることで出血し、さらに子宮頸管の粘液と混ざって外に出てきます。

出産のおしるしの色や量は個人差がありますが、だいたいは少量で粘り気があります。色は透明だったりピンク、赤、茶色など様々です。色や量が気になるところですが出産間近になり、生理のような色や量に感じたら、おしるしと考えて大丈夫です。

なお、帝王切開にての出産や計画的な出産の場合はおしるしがないこともあります。

出産のおしるしはいつくる?

おしるし
出産のおしるしがいつくるか不安になることもありますが、これも個人差があります。出産当日か、もしくは3日前から、中には1週間前に起こる場合や、一回止まってしまうこともあります。おしるしがきてもすぐに陣痛が始まらない場合もあり、だらだら続く場合もあります。

いったいいつくるのか、赤ちゃんになにかあったのか、もうすぐ陣痛がくるのかなど不安になりますが、痛みや著しい出血を起こしていなければ生理用のナプキンをあて様子を見るようにします。また、おしるしがきても、すぐに出産になるわけではないので慌てないようにしましょう。

出産のおしるしはいつくるか、色や量は大丈夫か気になります。ですが、【神経質にならない】ことが大事です。

Return Top