Read Article

初産の陣痛の兆候 おしるしとは?色や量について

おしるし
陣痛「おしるし」について
初産の妊婦さんは出産予定日を迎える前に陣痛の兆候について調べておく必要があります。初めての出産ですから、体にどのような変化が起こり始めたら出産が近づいているのかは分かりにくいものです。

出産は必ず予定日に必ず予定日に起こるというわけではありません。予定日よりも前になったり後になったりするので、陣痛の兆候だけが産婦人科に向かうかどうかの判断基準になります。ここでは、初産の陣痛の兆候や おしるしについてご紹介します。

スポンサーリンク

おしるしの色や量について

おしるし
陣痛の兆候として現れるのが、おしるしです。おしるしとは血液を含んだおりもののことで、生理の時に起こる出血とは性質が違うので分かりやすいでしょう。

次に、おしるしの色や量について確認しておきましょう。色は血液が混ざっているので鮮やかな赤い色をしていますが、人によってはピンク色に見えることもあります。また出血から時間が経つと赤から褐色になります。

ごく少量の出血のため、気付きにくい場合もあるので注意が必要です。おしるしには個人差があり、色や量に特徴があるので、妊婦になった時点で確認しておくと安心ですね。

初産の陣痛の兆候があったら…!!

おしるし
出血する前にお腹の痛みを感じることが多いので、色や量から判断しておしるしだと思ったら陣痛が始まっていることを意識しましょう。初産の場合は陣痛が始まっても出産までに時間がかかるので、慌てずに準備を整えてから産婦人科に連絡します。

陣痛が強くなってきたり間隔が短くなってきたら出産が近づいている証拠ですから、自宅で様子を見るのではなくすぐに産婦人科に向かいましょう。

Return Top