妊娠育児ライフ

Read Article

【子供】太ももや足が痛い原因は?もしかして骨肉腫?

子供 足が痛い 子供の病気足の痛みについて
子どもが急に足を痛がるというケースがあります。ここでは、子供の足が痛い原因についてご紹介します。


スポンサーリンク

子供の足が痛い原因は?

子供 足が痛い だいたい2歳くらいから10歳くらいに掛けての子どもの場合には、いわゆる成長痛と呼ばれる痛みである可能性が多いと言われています。成長痛の痛みというのは、成長の過程で骨格などが変化していくために、その変化の過程で痛みを感じたり、日頃激しく動き回ることで、骨や筋肉に負荷が掛かることで起こることが多くなります。

痛みだけであれば、この成長痛である可能性は高くなりますが、別の症状が一緒に現れている時には、違う原因がある可能性もあるんです。続きでご紹介します!!

足の痛みは骨肉腫の可能性も!?

子供 足が痛い 子供の足の痛みは、骨肉腫の可能性があります。骨肉腫を疑うポイントとしては、一日の中で何度も痛みを訴えて来たり、その痛みが何日間も続く場合、いつもよりも体調が悪い場合。痛いといっている部分が腫れていて、熱を帯びているというようなケースです。このようなケースの中には、実は【大きな病気】によって起こっている痛みの可能性があります。

骨肉腫という病気は、いわゆる骨のガンです。痛みが続き、安静時にも痛い。体温としては平熱なのに、患部に腫れがあり熱を帯びているというような時には、一度整形外科で骨の状態をレントゲンなどでチェックしてもらいましょう!

Return Top