妊娠育児ライフ

Read Article

子供の胃腸炎はうつる? 原因や症状、食事について

子供の胃腸炎 子供の病気「胃腸炎」について
子供の胃腸炎はうつるのでしょうか?原因がウイルス性の急性胃腸炎の場合、うつるので注意が必要です!

ここでは、子供の胃腸炎の原因や症状、食事についてご紹介します!


スポンサーリンク

子供の胃腸炎はうつる?

子供の胃腸炎 ロタウイルス、アデノウイルス、ノロウイルスなどが原因の胃腸炎がありますが、これらのウイルスが腸粘膜に入り込むと胃腸炎になります。毎年冬になると、子供の間で流行するのがウイルス性の胃腸炎です。

集団感染するのがウイルス性胃腸炎の特徴なので、うつりやすいです。

感染しないために注意すること

子供の胃腸炎 ウイルスを含んだ嘔吐物を放置すると、乾燥でウイルスが空気中に拡散することで感染します。ウイルス性の胃腸炎を発症すると、症状として、激しい下痢と嘔吐の症状を繰り返します。

ノロウイルスの場合、症状がなくなった後でも2週間くらいは糞便にウイルスを放出し続けるので、2次感染にも注意が必要です。ノロ、ロタなどのウイルス性胃腸炎の場合、2次感染の可能性が非常に高くなります。
子供の胃腸炎 胃腸炎になると、胃腸が極端に弱った状態になっているので、できるだけ食事は控えたほうが良いです。食事をする場合は、消化の良いおかゆなどを、少量で複数回に分けて食べるようにします。水分補給は十分に行いながらも食事はできるだけ控えめにしましょう。

Return Top