Read Article

子供の胃腸炎の症状!! 下痢なし・熱の場合の対処法とは?

子供の胃腸炎
子供の病気胃腸炎
子供の胃腸炎の症状で、下痢なしで熱の場合の対処法は、薬は飲まないことです。発熱をすることで身体が持つ免疫力を発揮しているからです。発熱の期間に解熱剤を使うとその期間が逆に延びてしまう可能性があるので注意が必要です。

スポンサーリンク

子供の胃腸炎の食事や対処法は?

子供の胃腸炎
熱がある場合、どうしても 体調が悪くて食欲が出ないので、そうした時に無理に食事をする必要はありません。

むしろ消化器官を一度休ませることが大事です。半日から1日くらいは絶食したほうが良いです。症状が落ち着いてきたら食事するとよく、その際、お粥など消化器官に負担がかからないものを選ぶようにします。
子供の胃腸炎
赤ちゃんの場合は、薄めたミルクをあげるとよいでしょう。おかゆ以外でも食べられそうなら、煮込みうどんや柔らかく煮込んだ野菜スープなどを与えることです。白身魚や豆腐、バナナ、リンゴ、じゃがいもなどはおすすめで、栄養があって、消化器官への負担も少ないです。

胃腸炎の症状は個人差があり、原因によって下痢や発熱等の期間も変わります。それゆえ、子供が胃腸炎で少しでもおかしいと思ったら、すぐに医師の診察を仰ぐことです。

Return Top