妊娠育児ライフ

Read Article

【妊娠検査】 産婦人科の初診はいつから行くべき?

産婦人科 初診 妊娠検査産婦人科の初診について
産婦人科の初診は妊娠が判明したらなるべく早くするべきです。

ここでは、「初診に持っていくべきもの」や「注意点」をご紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。


スポンサーリンク

産婦人科の初診について

産婦人科 初診 ほとんどの産婦人科では初診の問診票に受診理由を記載する項目があるので、「妊娠」と記載してください。(薬局などで購入した妊娠検査薬を行っていない場合は「妊娠の可能性」になります。)

初診時には妊娠検査薬を行っていても市販の妊娠検査薬は感度にばらつきがあるため、病院またはクリニックで採尿検査による妊娠検査が行われます。

初診の時に持参すると良いものは?

産婦人科 初診 大切なのは最終月経(最後の生理)がいつから始まったか通常の生理周期(前回の生理開始日から次の生理開始日まで)です。もちろん基礎体温をつけていれば持参しましょう。また「いつ性交渉があったか」「市販妊娠検査薬がいつ陽性に出たか」が分かれば診断の性能が上がります。

なるべく早く受診をして、自分の妊娠週数の診断と正常妊娠であることを確認してください。

異常妊娠とは?

産婦人科 初診 「妊娠したかも!?」と思える出来事があれば嬉しくなるのはわかりますが、異常妊娠のこともあります。

異常妊娠には、【流産】や【子宮外妊娠】【胞状奇胎】が含まれます。正常妊娠であれば超音波検査で妊娠5から6週で子宮内に胎嚢(胎児の入っている袋)が確認され、妊娠5週以降になっていても胎嚢が見えない場合は異常妊娠の可能性が高くなります。

最近尿検査の妊娠検査薬は、妊娠4週から陽性が出るので、速やかに初診すれば妊娠4から5週前後に診察を受け、自分の正しい週数を知ることができます。特に生理不順の方や排卵日がわからない人は、医療機関でしっかり診断してもらいましょう。正常妊娠であれば分娩希望施設をゆっくり検討することが可能となります。

産婦人科の初診は早めがオススメ!

産婦人科 初診 異常妊娠だった場合、性器出血や腹腔内(おなかの中)出血が多量となり、ショック状態から命にかかわってくることもあります。正常・異常妊娠にかかわらず自分の体と赤ちゃんを守るために、産婦人科の初診は早めに行ってください。

できれば受診前に受診予定施設へ電話で相談しましょう。また、大学病院や総合に病院では 紹介状が必要なところが多いので注意してくださいね。

Return Top