妊娠育児ライフ

Read Article

【妊娠検査薬】 フライングの場合、いつから陽性反応が出る?

妊娠検査薬 妊娠検診妊娠検査薬について
妊娠したかを確認するために「妊娠検査薬」を使用する人は多いです。しかし、妊娠検査薬は 正しく使用しないと、正確な診断ができません。

ここでは、妊娠検査薬で陽性反応が出る時期や フライング検査についてご紹介しています。


スポンサーリンク

妊娠検査薬について

妊娠検査薬 妊娠検査薬は生理予定日の1週間後から使う事ができる物が多数あります。
しかし妊娠を気にしている人は、少し生理が遅れてしまうだけでも使う人も珍しくなく、生理予定日から使ってしまう人もいる程です。

それをフライングと呼び、一般的にはまだ尿中にあるホルモン量がそれ程増えていないため、陽性反応が見えない事も多々あります。

やはり正しく妊娠検査薬を使う為には、フライングで行う事はなくその製品に合っている時期に検査する事が重要です。

フライングでも陽性反応が出る?

妊娠検査薬 ただフライングの場合でも陽性反応が出る事はあります。製品によっても反応は違いますが、陽性反応は生理予定日の1週間前から出たと言っている人もいます。

大体 妊娠検査薬が反応するホルモンの量は、前回の生理後3週間程度である程度まで増えて行くので、「生理予定日の1週間前に反応が出た」というのはあり得ない話ではありません。生理日から使う事ができる妊娠検査薬もあるので、実際にはどれくらいの時期から陽性反応が出るのかという事ははっきりとは分かっていません。

ただ生理日予定日の1週間後からであれば検査薬の精度はとても高く、大体99%の確率で反応が出ます。線が薄く出たとしても、また濃く出たとしても陽性反応には変わりないのですが、妊娠検査薬だけでは正常に妊娠しているかどうかが分からないので、必ず産婦人科を受診しましょう。

フライング検査の注意点はこれ!

妊娠検査薬 フライング検査自体は正しい妊娠検査薬の使い方ではないので、人によっては生理予定日の前や予定日後でも全く反応が出ないという人も珍しくありません。

だから妊娠を期待している人は1回検査をした反応が陰性だったからと言ってあきらめてしまうのではなく、生理が来ないのであれば何度か検査をしてみるのも一つの方法です。

科学流産には「流産」という言葉がついてはいますが、受精卵の染色体異常が原因で 元々流産になると決められていた受精卵の為、通常の流産としてのカウントはされません。

科学流産の注意点は?

妊娠検査薬 生理予定日から1週間程度経過してから妊娠検査薬を使うことが 正しい使用方法ですが、生理予定日すぐに使ってしまった場合、この化学流産になってしまう時があるので注意が必要です。受精卵が着床できるのは、半分以下の確率と言われているので、化学流産は実はよくあることなのです。

妊娠検査薬の感度が高まってきたからこそ気付くようになった流産と言えます。正しい妊娠反応を調べる為に注意することは、正しい使い方をすることです。

Return Top