Read Article

妊娠初期のNGな食べ物一覧!! うなぎやレバーはどう?

妊娠初期 食べ物
妊娠初期NGな食べ物について
妊娠中は自分の口から摂取した物がそのまま胎児の栄養となるため、健康な赤ちゃんを出産するためには食べ物には充分に注意をしておく必要があります。

特に、妊娠初期のNGな食べ物を知っておくことによって、胎児に害を及ぼしてしまうリスクを低下させることができます。さっそく見ていきましょう!

スポンサーリンク

妊娠初期のNGな食べ物とは?

妊娠初期 食べ物
妊娠初期のNGな食べ物としては、生もの、海藻類、チーズなどが挙げられます。

【生もの】には「トキソプラズマ」という寄生虫が付いているという場合があり、感染してしまうことによって、胎児の発達を送らせてしまうということもあります。生ものはなるべく避けるようにし、しっかりと加熱して食べることがおすすめです。

他のNGな食べ物としては、【海藻類】が挙げられます。海藻類には、ヨードが含まれていますので、低カロリーだからと言って食べ過ぎてしまうと、胎児の甲状腺機能に障害をきたしてしまう可能性があるのです。

あまり知られていませんが、【ナチュラルチーズ】にはリステリア菌という細菌が付いていることがありますので、避けた方が良い食品となっているのです。

魚介類やお刺身について

妊娠初期 食べ物
魚介類の中では マグロに気を付ける必要があります。マグロには微量ですが水銀が含まれているということがありますので、妊娠初期のNGな食べ物一覧の中でも、特に気を付けておきたい食品となっているのです。

お刺身は、低カロリーでたんぱく質も摂取することができることから 好んで食べるという人も多いのですが、妊娠中は控えておくか、少量にしておきましょう。

うなぎやレバーはどう?

妊娠初期 食べ物
うなぎやレバーなどはビタミンAがたっぷりと含まれていますので 避けた方が良い食品ではありますが、生で食したり、食べ過ぎなければ大丈夫です!

栄養を摂ることもできるので、「まったく食べない!」というのは逆効果! バランスを意識しながら、適量を食べましょう。

Return Top