Read Article

【妊娠初期】 茶色の出血は流産の兆候? 対処法はコレ!

茶色の出血
妊娠初期茶色の出血について
妊娠初期に多く見られる症状の一つに、「茶色のおりもの」とも呼ばれる出血があります。この茶色の出血によって初めて妊娠に気付いたという場合もあります。

そのくらい茶色のおりものはごく普通の症状なのです。しかし、妊娠中の多くの女性が、「茶色の出血は流産の兆候ではないか?」と心配しています。そこで今回は、妊娠初期の茶色のおりものの対処法をご紹介します!

スポンサーリンク

妊娠初期の茶色の出血について

茶色の出血
まず妊娠初期に見られる茶色の出血は、今起きたものではないということを覚えておきましょう。茶色になっているということは、【過去に出血した血が酸化して変色している】ことを意味しているのです。

茶色の出血は流産の兆候?

茶色の出血
妊娠初期はホルモンの分泌が最が増えるため、おりものの量も増えます。また胎児の成長に伴って起こり得ることとして、毛細血管が切れて出血したものがおりものに混じって出てくる場合があります。

いずれにせよ茶色の出血だけでは流産の兆候にはならないので安心してくださいね。

もちろん一言で茶色と言ってもその程度はさまざまです。赤茶色のものもあれば茶褐色のものもあります。基本的に茶色がベースになっている色であれば、まず心配は要らないと言われています。

茶色のおりものの対処法は?

茶色の出血
茶色の出血が流産の兆候ではないとはいえ、そのまま放置しておくことはすすめられていません。良い対処法があるので、ご紹介します!

まずは安静にすることです。安静にしていれば体に余分の負担をかけることはありません。こうして徐々に茶色のおりものが出なくなってくることがあります。また普通おりものがある時は痛みを感じることはありません。

お腹の張りや痛みがある場合は要注意!!

茶色の出血
茶色のおりものが出ている時に、【お腹の張り】や【痛み】がある場合は注意が必要です。流産の可能性があるからです。

そんな場合の対処法としては、すぐに産婦人科に行き診察を受けることです。
他にもできる対処法としては、特に敏感になっている妊娠中に肌を守るため清潔な状態を保つよう心がけることです。

茶色の出血があっても慌てずに、落ち着いて行動してくださいね。

Return Top