妊娠育児ライフ

Read Article

妊娠初期症状がない!! 流産の心配は?症状や兆候について

妊娠初期症状 妊娠初期妊娠初期症状について
妊娠初期症状は早い人であれば妊娠4週目あたりから兆候が現れます。ホルモンの分泌が今までとは大幅に変わるために様々な症状があります。しかし、妊娠初期症状には個人差があるため、人によっては症状がない人もいるようです。

ここでは、妊娠初期症状や兆候についてご紹介しますね。


スポンサーリンク

妊娠初期症状や兆候とは?

妊娠初期症状 妊娠初期の症状は 風邪や生理前と似ているので、まず妊娠検査薬や産婦人科医の診断を受けて妊娠しているかどうか確認する必要があります。

妊娠の兆候としては、突然の眠気や倦怠感、今まで平気だった臭いが嫌になる、熱っぽい、腰がだるい、胸に張りがある、便秘、頻尿などが挙げられます。

吐き気や胸やけ、唾液がとまらない、臭いに敏感になる、食べ物の好みが変わる、異様に食欲がわくなどの所謂つわりも特徴的な症状といえますし、微量の出血や着床出血などの出血を伴う場合もあります。

妊娠初期症状がない場合は?

妊娠初期症状 妊娠初期症状は個人差が大きいので、兆候が全く無いという人もいます。症状が無いから流産しているかもと不安になる場合もありますが、必ずしも症状が出るわけではないです。つわりが全くない人もいれば、酷すぎて入院する人もいます。

多くの人が心配になるのが、妊娠初期症状が無くなってしまった場合です。「症状が無くなってしまった=流産」と結びつけてしまい、不安になる時があります。

妊娠初期症状にはまだわからない部分が多くあり、突然症状が無くなってしまったとしても流産したというわけではないですし、症状の重い軽いも赤ちゃんの状態には関係ありません。

妊娠初期の注意点はこれ!

妊娠初期症状 妊娠初期には注意しないといけないことがいくつかあります。

まず、妊娠初期症状が無くなると共に基礎体温に変化があった場合です。基礎体温が下がっている時は【流産】や【切迫流産】の可能性があります。

また、出血や茶色のおりものが出た場合もすぐに産婦人科の先生の診断を受けましょう。不安に思ったり気になる事がある場合は悩まずにすぐに先生に相談すると良いですよ!

Return Top