妊娠育児ライフ

Read Article

【妊娠初期】 茶色の出血や尿が赤い時の原因と対処法は?

妊娠初期の出血 妊娠初期出血について
妊娠が判明すると 願っていた夫婦においてはとても喜ばしいことですが、その後の不安等を考えると 初めてのことなので心配な事項も多いです。特に、血が出ていると、お腹の赤ちゃんが心配になって それだけでも焦ってしまいますよね。

何事もなく出産にたどり着くケースもありますが、やはり日頃と違うことが起こるとパニックになってしまいます。こればっかりは、授かりものですので何が起こるかは誰も予想がつきません。

不安や焦りを完全に取り除くことはできないでしょうが、ここでは、妊娠初期に茶色の出血がおきたり 尿が赤い時の原因と対処法を後半でご紹介しています!いざという時に落ち着いて行動できるよう、じっくり読んでくださいね。


スポンサーリンク

妊娠初期に茶色の出血がある場合は?

妊娠初期 妊娠中に起こる症状や合併症などもありますので、慎重な生活が必要であると考えられます。良く見られる症状が【出血】であり、それらへの対処法は原因により異なります。そのため適切対処法としては、早期に医療機関への受診が必要です。

妊娠初期の出血の場合着床時出血といわれる 受精した卵子が子宮内膜に着床する時に起こる出血の可能性があります。通常においては、安静にしていれば治まることが多い出血ですが、流産の兆候としてみられるものもありますので受診が必要となります。

尿が赤い時の原因と対処法について

茶色の出血 おりものが茶色になったり 鮮やかな血の色をしている尿が確認できたときには、【流産】が原因として疑われますので、適切な対処法を取り、原因究明のためにも医療機関への受診が必要です。その際には、詳しい状況を医療機関へ伝えることも原因究明に必要となります。

また、尿が濃い黄褐色の場合は【脱水症状】が原因として考えられます。妊娠中は食欲がなくなる人も多く、水分をとっても吐いてしまったり なかには水すら身体が受け付けなくなる人もいます。そんな状態が続くと、夏でなくても知らないうちに「脱水症状」を引き起こすことがあるのです。水分不足のときは、明らかに尿の色が変わるので、日頃から見ておくようにしましょう。

尿の色がいつもより濃いと思ったら、水分を補給します。これでも尿の色が濃いままだったら、つわりが重症化する【妊娠悪阻】の可能性を疑います。症状がひどくなると入院が必要になることもあるので、早めに病院へ行きましょう。
妊娠初期 戦後の日本においては、敗戦国からの高度経済成長期があったからこそ今日の日本の繁栄があります。高度経済成長期には、人口も爆発的に増加して日本の出生率はかなり高い数値を示していました。

終戦から70年を迎える2015年においては、出生率の減少が社会的な問題となっています。その理由に【晩婚化】や【経済的な不安】など様々な要因が考えられています。

妊娠については昔から「神様からの授かりもの」として神秘的なイメージがあります。お腹に授かったときから、たっぷり愛情を注いで 大切に育てていきましょうね。

Return Top