Read Article

病院での妊娠検査方法! 婦人科の検査内容や費用は?

妊娠検査
妊娠検査方法検査内容や費用について
もしかして妊娠かも!?とっても嬉しいことですが、「婦人科や産婦人科でどんな検査を受けるのか」「検査にかかる費用はどれくらいなのか」など心配なこともたくさん出てきますよね。

ここでは、病院での妊娠検査方法や検査内容、費用についてお話ししています。

スポンサーリンク

婦人科・産婦人科の検査内容は?

妊娠検査
婦人科・産婦人科ではどんな検査を行うのでしょうか。婦人科・産婦人科で行う妊娠検査の基本的な流れを説明していきますね。

まず、受付を済ませて問診票を記入します。問診票を提出したあと、尿を採取します。血圧を測る場合もあります。その後、医師の問診や触診・内診・超音波検査を行います。

婦人科・産婦人科によって検査の順番や内容が違うこともありますが、基本的な流れ・検査内容は上記のようになります。

病院での妊娠検査方法について

妊娠検査
婦人科・産婦人科や病院での妊娠検査方法には、触診や内診、超音波検査などがあります。

【触診】は医師がおなかや乳房を触り、異常がないか診る方法です。

【内診】は、医師が直接膣の中に指を入れて、子宮の大きさや位置、形、やわらかさなどを確認します。下着を脱いで内診台に乗り、両足を開いた姿勢をとるため抵抗がある方も多いですが、妊娠の状態を確認するために重要な検査です。最初は特に緊張するかもしれませんが、力を抜くよう心掛けてくださいね。内診は下着を脱ぐため、パンツスタイルよりもスカートやワンピースの方がラクチンです。

【超音波検査】は、おなかに超音波をあてて子宮内の様子を診る検査です。妊娠初期には経膣超音波を使用し、胎芽の様子や心拍などを確認します。

妊娠検査の費用はどれくらい?

妊娠検査
妊娠は喜ばしいことですが、気がかりなのが「妊娠検査にかかる費用」ですよね。妊娠検査の費用は保険適用で3,000円前後、保険外で8,000円という方が多いようです。

ハッキリとした金額はお住まいの地域や、検査を受ける婦人科・産婦人科や病院によって違います。妊娠検査の際は1~2万円ほど持っていくと安心ですが、心配な場合は診察を受ける婦人科・産婦人科や病院に問い合わせてみると良いでしょう。

産婦人科や病院での妊娠検査に不安な方もたくさんいらっしゃると思います。特に初めての妊娠だった場合や、初めてかかる産婦人科・病院だった場合は不安も大きいですよね。

妊娠検査を受ける際は、健康保険証や少し多めの現金は忘れずに。内診後に少量の出血がある場合もありますので、ナプキンを持っておくと安心ですよ。妊娠検査の不安や心配が少しでも解消すれば嬉しいです。

Return Top