Read Article

妊娠初期は、温泉やプールに入らない方が良い? 対策や注意点は?

妊娠初期
妊娠初期温泉やプールについて
妊娠中でも「温泉やプールに入りたい」という方はたくさんいらっしゃると思います。でも、妊娠中に温泉やプールに入っても大丈夫か心配な方も多いのでは?

今回は、妊娠初期の温泉&プールについてお話ししていきます。

スポンサーリンク

妊娠中の温泉&プールについて

妊娠初期
妊娠中でも温泉旅行に行ったり、スイミングを楽しみたいという方は多いでしょう。
特に妊娠前に温泉やプールが好きだった場合は、「妊娠しても続けたい」と思うのではないのでしょうか。

しかし、妊娠初期は心身ともに非常にデリケートな時期ですから、温泉やプールに入ることに不安を感じている方もいらっしゃると思います。

続きでは、妊娠初期の温泉やプール、温泉やプールに入る際の対策や注意点などをご紹介していきます。

妊娠初期でも温泉に入れる?

妊娠初期
温泉施設で見かける「妊娠初期や後期の妊婦には温泉は禁忌」の注意書き。なぜこのような注意書きがあるかというと、妊娠が温泉法による「禁忌症」の1つとなっており、利用を避けた方が良いとされているからです。

ただし、温泉が妊婦や胎児に与える危険性は確認されておらず、転倒などの万が一の事故を避けるための温泉施設側のリスク回避の目的が大きいようです。温泉に危険はないですが、これは絶対に安全ということではありません。

「清潔な温泉を利用する」、「刺激の強い温泉を避ける」、「のぼせないよう長時間入浴しない」などに気を配りましょう。心配であれば、マタニティプランのある温泉宿を利用するのがおすすめです。

妊娠初期にプールに入れる?

妊娠初期
では、妊娠初期のプールはどうでしょうか。

「妊娠初期でもプールに入りたい」という方もいらっしゃるかもしれません。しかし、妊娠中のプールは安定期に入り、医師の許可を得てからであれば問題ありません。もちろん、妊娠経過が順調であることや妊娠高血圧症候群などの運動が良くない合併症がないことが前提です。

安定期に入ってからのプールでの適度な運動は、「必要以上の体重増加を防ぐ」、「安産できる体力・身体作りができる」といったメリットがあります。「妊娠中にプールを楽しみたい」という方は、安定期に入ってから医師に相談してみてくださいね。

対策や注意することはコチラ!

妊娠初期
妊娠中に温泉やプールに入る場合、いつもよりも注意が必要です。人とぶつかったりしないためにも、混雑している時間帯は避けるようにしてくださいね。また、妊娠中はのぼせやすくなったり疲れやすくなるので、温泉やプールの入りすぎに注意しましょう。

妊娠中の温泉やプールは絶対NGということではありませんが、温泉やプールに行く場合は自己責任になります。心配な場合はやめておいた方が無難です。

妊娠中に温泉やプールに入りたい場合の参考になると嬉しいです。

Return Top