Read Article

【妊娠初期】出血が止まらない原因!鮮血や茶色の場合の対処法は?

妊娠初期
妊娠初期妊娠初期の出血について
妊娠の初期症状で茶色いおりものや献血が出る場合があります。
多くの人が不安を覚えるこれらの症状には原因があり、対処法を知ることで安心することができます。

スポンサーリンク

茶色のおりものが出る場合

妊娠初期
茶色のおりものに関しては原因として以下のことが考えられます。

茶色の症状は血が酸化することによって起こり、つまり、それは過去に体内で起こった出血を意味します。妊娠初期においては、今までと体の中が一変しホルモン分泌量が増えることによって、おりものが増えます。

茶色いおりものは、胎児が成長するにつれ毛細血管が切れて出血を起こし、それがおりものに紛れ込んで茶色いおりものになります。対処法としては、安静にすることが大事なこととなり、そうすることによって茶色いおりものが出なくなる場合もあります。

そして、妊娠中はおりものの量も増えるためにかぶれてしまうこともあり、清潔に保つこともが大事なとになります。

妊娠初期での出血について

妊娠初期
出血の原因としては、子宮と胎盤の成長速度の違いによるものや、内診、経過エコーなどによる刺激、そして、流産や切迫流産の兆候があります。

具体的には、妊娠をすることによって胎盤も子宮も胎児に合わせて徐々に大きくなっていきますが、どれも同じ早さではないために、その成長のズレが原因で胎盤が少し剥がれることによって出血をします。

また、妊娠中は組織が柔らかくなっているために、少しの刺激でも出血を起こしやすなっています。通常の出血の場合には、それほど心配をする必要はありませんが、兆候として、多量の出血と痛み、また、お腹の張りを感じるときには流産の危険性もあり、その場合には産婦人科への連絡が唯一の対処法となります。

Return Top