妊娠育児ライフ

Read Article

【妊娠超初期症状】頭痛や腰痛、眠気やめまいの原因は?

妊娠超初期症状 妊娠超初期
妊娠に気づくきっかけとなるのが初期症状です。

主に生理が遅れたり、吐き気を感じることで妊娠に気づく場合がほとんどですが、中には妊娠超初期でも妊娠超初期症状による頭痛や腹痛、眠気やめまいなどの体の変化によって妊娠に気づく人もいます。


スポンサーリンク

妊娠超初期症状の原因は?

妊娠超初期症状 この妊娠超初期症状が起こる原因は体内で分泌されているホルモンにあります。

排卵が起こり、受精をし着床が起こると卵巣内の黄体や獣毛からhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)とよばれるホルモンが分泌されるようになります。これが原因で 体内のホルモンバランスが崩れてしまい、眠気やめまいを起こします。

このホルモンの影響によって便秘や下痢になることもあり、腹痛を感じることがあります。それ以外にも子宮が広がることで痛みを感じることもあります。

また、ホルモンバランスが乱れると自律神経がうまく働くなり、血管の拡張や収縮が乱れることによって頭痛が起きることもありますし、体調の変化からストレスを感じて頭痛になることもあります。

妊娠中のホルモンについて

妊娠超初期症状 妊娠直後から分泌されるホルモンが原因となって様々な症状が現れますが、妊娠超初期のこうした体の変化から妊娠に気づく人は少なく、つわりや生理の遅れによって妊娠に気づく人がほとんどです。

この妊娠超初期症状の原因ともなるホルモンですが妊娠を継続するためには欠かせないものであり、このホルモン分泌により胎児の成長を維持することができる大切な役割を持っています。

Return Top