Read Article

【破水】少量で止まったり、陣痛がこない場合の原因や対処法

破水
陣痛破水について
妊娠して、いざ子どもが生まれると言うときに起こるのが破水になります。破水は、赤ちゃんを包んでいる卵膜が破れて、中の羊水が外へ流れ出て起こります。

通常は子宮口が開くことによって破水することがありますが、時として 陣痛よりも先に起こってしまうこともあり、それを【前期破水】や子宮の上部が破れて起こる【高位破水】と呼びます。 ここでは破水の原因や対処法をご紹介します。

スポンサーリンク

破水の原因について

破水
陣痛前に起こってしまう破水について、原因や対処法を見ていきましょう。

前期破水の原因はいくつか考えられます。膣を介しての感染や多胎妊娠、羊水の過多、外傷によるものや性交渉などが上げられます。

高位破水は、性行為や重い物を持ったりして子宮に衝撃が加わったり、高齢出産などによって卵膜の強度が足りない場合に引き起こされます。

破水が起こると、無菌状態の羊水が出てしまうため、赤ちゃんは細菌感染してしまうリスクが高くなってしまいます。落ち着いて下の【対処法】をとりましょう。

破水や陣痛が来ない場合の対処法は?

破水
破水や陣痛が来ない場合の対処法としては、前期破水では羊水が流れるのを生理用のナプキンを当てて止めながら、病院へ向かうことが大切です。その後胎児の様子を見ながら抗生物質で感染症を防いで陣痛を待ったりします。

高位破水の場合、いつ生まれてもおかしくない時期であるなら問題はありませんが、雑菌が子宮に入るのを防ぐために入浴やシャワー、ウォシュレットなどを使用しないなどの対処法が必要になります。気づかずに使ってしまった場合には医師に伝えることが重要となります。

痛みのない破水の対処法は?

破水
痛みのない破水の原因はさまざまですが、対処法としては慌てずに入院することも考えて出産準備を行いましょう。外出先ではナプキンやタオルなどを用意して、病院にすぐに行けるように診察券や母子手帳を身につけておくことが大切です。

Return Top