妊娠育児ライフ

Read Article

赤ちゃんのハイハイ(ずりばい)はいつから?時期や注意すること!

ハイハイ 子育て赤ちゃんのハイハイについて
赤ちゃんの成長スピードはとても早いもの。

子育ては分からないことだらけで、「いつからハイハイを始めるのだろう?」「ハイハイを始めたら注意することは何だろう?」と思っている方もいると思います。

ここでは、赤ちゃんのハイハイの時期や注意点をご紹介します。


スポンサーリンク

赤ちゃんのハイハイ(ずりばい)はいつから?

ハイハイ ハイハイの前段階によく見られる動作は、ずりばいと言います。ずりばいは、腹ばいの状態で手足を動かして前後に動いている様子を言います。

このずりばいができるようになると、ハイハイもすぐにできるようになる赤ちゃんが多いようです。ずりばいができるようになる時期は、早い子だと5ヶ月頃からできる赤ちゃんもいます。

ハイハイができるようになる時期は?

ハイハイ 8ヶ月から9ヶ月頃の時期になると、多くの赤ちゃんはハイハイを始めるようになります。お座りが上手にできるようになってくると、ハイハイもできるようになってくる赤ちゃんが多いです。

ハイハイをしないと思っていたら、急に立ち上がれるようになる赤ちゃんもいるので、このハイハイの時期はそれぞれです。

ハイハイの注意点は?

ハイハイ ハイハイが始まる頃に注意することは、ハイハイのできる環境作りです。一度、ハイハイの体勢になり、赤ちゃんの目線で危険な物は無いか確認することが必要です。

ティッシュやリモコン等は口に入れてしまう危険があります。扉等は、中にあるある危険な物を出してしまったり、扉に手を挟んでしまう可能性があります。空いているコンセントは、指を入れたりヨダレが付いて、感電してしまうかもしれません。段差や、お風呂場、窓は、落っこちたりして怪我をする危険をあります。棚やテーブルの角には、頭をぶつけるかもしれません。

このように注意することはたくさんあるので、事前に予防策を講じておく必要があります。

Return Top