Read Article

離乳食後期は食材が豊富♪冷凍保存できるレシピがおすすめ

離乳食後期
離乳食
離乳食作りはなかなか大変ですよね。初期~中期までは使える食材も限られているので創意工夫しながら作っているママも多いはず!

でも後期になってくると使える食材がそれまでに比べてぐっと広がります♪今回は後期からどんな食材が使えるのかご紹介します。また便利な冷凍可能なレシピもちょこっとご紹介しますよ~!

スポンサーリンク

離乳食後期に使える食材は?

離乳食の食材
画像引用元:http://event.rakuten.co.jp/incentive/life/column/life_20140210.html
離乳食中期までは使える食材が少なく、またアレルギー反応が気になったり何かと慎重になりますが、後期以降になるとアレルギー反応の有無もだいたい分かってきますし、噛む練習も始まるので食材が豊富になってきます。

たとえば、乳製品もOKになります。牛乳やチーズを使った離乳食が作れますね。他にも野菜も消化に良さそうなものはだいたい使えるようになります。ズッキーニなんかもOKですよ!

また納豆も赤ちゃんにとっては栄養満点フードなので取り入れたいですね。パスタも使えるので料理の幅が広がること間違いなし!

油は使わないほうがいい?調理方法は?

油 調理方法
画像引用元:http://www.aw3.info/archives/1341
初期~中期は「茹でる」が基本ですが、後期以降は焼いたものも食べられるようになります。

ただ、油はまだ消化器官が弱い赤ちゃんにはちょっと負担に。ですので焼く時はなるべく油は使わない方がいいでしょう。テフロン加工のフライパンを使う、焼く時にクッキングシートを使うなどしてみてください。どうしてもという場合は薄~く引く程度にしましょう。

冷凍保存できるレシピを紹介

離乳食 冷凍
画像引用元:https://mamari.jp/14949
一生懸命作った離乳食をパクパク食べてくれるととっても嬉しいですよね♪でも何かとバタバタするママにとって冷凍出来るレシピは育児のお助けアイテム!冷凍アイテムを上手に活用しましょう!

◇冷凍しておくと便利なもの◇
柔らかく炊いたご飯
トマト(皮と種は取り除いておくこと)
細かくした野菜(茹で・生)
ホワイトソース
火を通したひき肉
茹でてペーストにしたレバー などなど

◇アレンジレシピ◇
・冷凍食材を使ったドリア
それぞれ解凍したご飯、トマト、ホワイトソース、ひき肉などの食材を耐熱皿に入れてチーズをぱらり。トースターでチンして出来上がり!

・茹で野菜を使ってお好み焼き
茹で野菜を解凍して小麦粉とお水で作った生地に入れて焼くだけ。焼いたものを冷凍しても◎しらすを加えるとカルシウムも取れて栄養ばっちり!また手づかみ食にもなりますよ!

・貧血予防スープ
レバーペースト、トマト、野菜(にんじんや大根、じゃがいも)を全て鍋に入れて煮込むだけ!レバーは貧血予防になるので取り入れたい食材です。水溶き片栗粉でとろみをつければ食べさせやすいですよ。
離乳食 冷凍ストック
画像引用元:http://info.mogcook.com/mogcookblog/1903
このようにだいたいの食材は冷凍出来るので、時間がある時に切ったり茹でたりして冷凍しておくととっても便利です。忙しい時には少しでも楽しちゃいましょう!

冷凍ストックはママの味方です。小分けにしておけばさっと使えますね。冷凍した日を忘れずに記入して上手に使いまわしましょうね♪

Return Top