Read Article

離乳食|手づかみ食べはいつから?簡単なレシピを紹介

離乳食 手づかみ食べ
離乳食
生後9カ月頃の赤ちゃんはいろんなものを手でつかんで口に入れます。ご飯も手づかみでモグモグしたくて興味津津♪パパママにとってはちょっとドキドキ冷や冷やしてしまう赤ちゃんの手づかみ食べですが、どんな意味があるのでしょうか?

ここでは、赤ちゃんの手づかみ食べについてまとめてみました!

スポンサーリンク

赤ちゃんの「手づかみ食べ」とは?

赤ちゃん 手づかみ食べ
画像引用元:http://www.ikuchie.com/when-a-baby-starts-eating-by-hands
離乳食のスタートは10倍粥から始まりますが、成長するにつれて赤ちゃんは食べることに興味が出てきます。これはとってもいいことなんですよ!

パパママにとっては服や部屋が汚れる、何だか食べ物を粗末にしているように見えてしまうなどの心配もありますが、赤ちゃんの成長が感じられる大切な行動です。温かく見守ってみましょう♪

手づかみ食べにオススメのレシピは?

オススメのレシピ
画像引用元:http://ameblo.jp/prettywife/entry-11987422797.html
手づかみ食べは9カ月~1歳になる頃に始めます。形や触感を認識する大切な行動なので、赤ちゃんのつかみやすい大きさにしてあげるといいでしょう。

おすすめなのは細長く切ったフレンチトーストや、ホットケーキ、小さめのお好み焼き、おやきなどがいいかもしれませんね。

中でもホットケーキはほんのり甘みもあり、野菜などと一緒に混ぜて焼けば手軽に栄養バランスも取れるので赤ちゃんも手づかみでパクパクしてくれるんじゃないでしょうか♪

手づかみをしないときはどうする?

赤ちゃん 個性
画像引用元:https://192abc.com/43162
赤ちゃんにも個性があるので、手づかみしない子ももちろんいます。中には「1歳半頃からはじめた」なんてこともあるので気長に見守ってあげてくださいね。

またお腹が空いていない時や、ママに甘えたい、ベタベタするのが嫌などの理由もあります。一緒に手づかみで食べてみたり、スプーンやフォークなどを渡して自由に食べさせてみるなどしてみるといいですよ。

手づかみ食べは確かに汚れてしまいますが、それだけ食べることに興味があるということ!楽しみながらいろんなものを手づかみ食べさせてみてはいかがでしょうか。ただ手づかみ食べは成長を実感する行動ですが、赤ちゃんにも個性があるので遅いからといって気にしすぎないでくださいね♪

Return Top