Read Article

生後7ヶ月の赤ちゃんの様子は?離乳食の量やメニューはどうなるの?

離乳食のメニュー
離乳食
生後7ヶ月って一体どんな感じなのかな?」「離乳食ってどんなものをあげたらいいんだろう?」初めてママさんにとってはまだまだ分からないことだらけですよね。

今回は生後7ヶ月頃の赤ちゃんの様子や離乳食についてご紹介します♪

スポンサーリンク

生後7ヶ月の赤ちゃんの様子は?

赤ちゃんの様子
生後7ヶ月の赤ちゃんはぐ~んと行動範囲が広くなります。ずりばいを始めたり、お座りを始めたりと活発に!表情も増えてくるので見ているだけでこちらも自然と笑顔になっちゃいます。また色々なものに興味を持ち出すので、お母さんは目が離せないですね。

そして、この時期は歯が上下に生え始めるので、離乳食も少し形のあるものをあげると、食べることにどんどん興味を持つようになるんですよ♪

離乳食の進め方やメニューは?

離乳食の進め方
では一体どんなメニューがいいのでしょうか?

この時期の赤ちゃんは歯が上下に2本づつ生える頃です。赤ちゃんはこの小さな歯と舌を使って一生懸命モグモグするので固すぎてはいけません。大人の指でつぶせる程度の固さにしましょう。目安はお豆腐くらいの固さ。あごと舌で潰せる固さになります。興味いっぱいの赤ちゃんのためにも色々な食材を取り入れてみてくださいね♪

回数としての目安は1日2回食。ミルクを飲んでから4時間程はあけましょう。食べる量はその日の運動量でも変わってきます。メニューは、

・5倍粥
・じゃがいもやにんじん、かぼちゃなどの野菜
・白身魚
・うどんやそうめん
・りんごやバナナ

などなど7ヶ月頃には色々なものが食べられるようになります。ほうれん草のミルク粥やにんじん粥、カレイとトマトの煮つけ(味は薄く!)などアレンジしながら離乳食作りを楽しみましょう♪

アレルギーなどの心配もありますので、小麦や卵などはお医者さんに相談しながらにしましょうね。

生後7ヶ月にNGな食材はこれ!

NGな食材
この時期にNGなものは、ハムやソーセージなどの【加工肉】や【缶詰】。塩分が多く含まれる【干物】や【塩魚】。また、【餅】ものどにつまらせやすいのでNGとなっています!

食事支援のポイントや注意点は?

ベビーチェア
まだまだ食べることに上手じゃない7ヶ月の赤ちゃんですが、ベビーチェアを使って座らせてあげるとそしゃくする力も強くなりおすすめです。

また赤ちゃんのペースに合わせて食べさせてあげることがとっても大事!あわてないようにしましょう。

7ヶ月頃の赤ちゃんは好奇心いっぱい!食べることにも興味が出てきます。ですが赤ちゃんだってそれぞれ!興味の早い遅いはあって当然ですのであんまり食べてくれないなぁ…って悩まないことも大切ですよ♪

Return Top