Read Article

妊娠中の頭痛に効くツボは?薬は飲まないほうがいいの?

妊娠中の頭痛
妊娠中妊娠中の頭痛について
妊娠をすると急激に体の変化が始まりますよね。その体の変化から、辛い症状が起きることも!そんな症状のひとつに頭痛があります。「今まで頭痛なんてなかったのに、妊娠してから急に頭痛がひどくて辛い・・・」なんてことも。

どうして頭痛が起きるのか、そしてどう対処していったらいいのか、ご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

妊娠中にひどい頭痛が起きる理由は?

頭痛の原因
ではまずどうしてひどい頭痛が起きるのでしょうか?

実は妊娠をするとホルモンの影響で、お母さんの体の血流量が増えます。それは胎児を育てるための体の大切な仕組みなのですが、いきなり血流が増えたために体が耐えられずに頭痛を引き起こすことがあるんです。これがよく言う【偏頭痛】です。

もう一つ妊娠中の頭痛の代表的なものに、【緊張型頭痛】というものがあります。こちらは運動不足や鉄不足からくる血行不良などから頭痛を引き起こします。

ただ、もちろんこれらの頭痛でないこともあります。特に妊娠中の体はなにかと不安定。体の異常を感じたら、病院には必ず行きましょうね!では次に頭痛の解消法をご紹介していきます。

頭痛に効くツボはこれ!押し方は?

一時的な頭痛の解消法としてツボ押しがあります。妊婦さんでも簡単にできるツボ押しをご紹介しますね。

●「風池」のツボ押し
風池の場所
美容室などでもマッサージする時によく押してくれるところなのですが、首筋の外側、髪の生え際あたりのくぼんだところを押します。押し方は、親指の先をツボに当て、残りの4本の指で頭を抱え込み、頭部を支えるような感じで少し強めに刺激します。

●「合谷」のツボ押し
合谷のツボ
手の甲の親指と人差し指の間の付け根から、ほんの少し指先側にあるツボです。そこを、もう片方の手の親指と人差し指でつまむようにして、強く、長めに押します。手の甲なので、簡単に押すことができます。

⇒ 頭蓋骨調整方法もオススメ【動画】

頭痛薬は飲まないほうがいいの?

頭痛薬の副作用
それでもなかなか治らない場合、どうしても薬に頼りたくなりますよね。でも妊娠中は安易に頭痛薬を使うのは良くありません。というのも頭痛薬の成分の中には胎児によくない成分が含まれていることがあるからです。これは頭痛薬だけでなく、風邪薬、鼻炎の薬など他の市販薬にも同じことが言えます。

では、薬を使わずに我慢しなければいけないかと言うと、そういうわけではありません。頭痛薬の中には妊娠していても使えるものもあるんです。ですが素人ではわかりません!まずは病院で相談しましょう。お医者さんであれば妊娠中でも使える薬を適切に処方してくれます。また頭痛に関してもしっかりと診察もしてくれるので、たかが頭痛と思わずにきちんと相談してみてくださいね。

Return Top