妊娠育児ライフ

Read Article

妊娠中のカフェインはNG?その理由と飲み物について

妊娠中の飲み物 妊娠中妊娠中のカフェインについて
「妊娠中のカフェインはNG!」というのはよく聞く話ですよね。「カフェインってコーヒーに多いんでしょ?」「コーヒーをノンカフェインコーヒーにすればいいんじゃないの?」と思っている方も多いはず!

いえいえちょっと違うんです。実はカフェインっていろいろな飲み物に含まれているんですよ。後半で詳しくご紹介しますね。


スポンサーリンク


妊娠中のカフェインがダメな理由は?

妊娠中 コーヒー ところでなぜ、妊娠中のカフェインがよくないのでしょうか?

カフェインをとると眠れなくなる、という話を聞いたことのある人は多いかと思います。眠れなくなるというのは、体に刺激を与えるということ。カフェインは摂ると体の刺激になる物質なんです。

場合によっては血流が悪くなったり、妊婦さんに必要なカルシウムや鉄分などの栄養素の吸収を阻害をするとも言われています。また胎盤をとおしてその刺激になる物質が胎児に吸収されてしまうこともあるのでよくないと言われているんです。

これだけ聞くとなんだか怖いですよね。ではカフェインってどんな物に含まれているのでしょうか?

カフェインが含まれる飲み物はこれ

ノンカフェインの飲み物 まず代表的なのはコーヒーですが、その他にも紅茶・緑茶・コーラ・栄養ドリンクなどが代表的なところです。基本的には食品の成分表示に記載されているので、気にして見てみると実はいろんな飲み物に含まれていることがわかります。

案外カフェインっていろんな飲み物に含まれているんです。なので実はカフェインを絶対に摂らないってけっこう難しいんですよね。

カフェインを気にしない人もいるの?

ルイボスティーの効果 ただ、体に本格的に影響が出てくるのは、ものすごい量のカフェインをとった場合の話です。もちろんお腹の胎児に気を使ったほうが良いですが、1杯~2杯程度飲んだからといってすぐに影響が出るわけではありません。なので、カフェインをものすごく気にする人もいれば、気にしすぎてストレスを溜めるとかえって良くないということで、あまり気にしない人もいます。

どちらが正解ということはありません。ですが日頃から、1日に4杯以上コーヒーや紅茶、緑茶を飲む!などの習慣のある人は、1日1~2杯程度に抑える、またはノンカフェインのお茶に切り替える、医師に相談してみる、などの対策をとって気にしたほうが良いと思います。

ルイボスティーが妊娠中にオススメ!メリットは?

ルイボスティー 通販 ところで、ノンカフェインのお茶ってどんなものがあるのでしょうか?実は【麦茶】や【ルイボスティー】はノンカフェインのお茶です。

特にルイボスティーはホルモンのバランスを整えたり、妊娠中のお母さんに大切なミネラル分なども含まれます。リラックス効果もありますし、美味しいのでおすすめなんです。できればオーガニックの安心して飲めるルイボスティーを、お腹が冷えないよう、温かくして召し上がってくださいね!

Return Top