Read Article

初産の陣痛の兆候は?吐き気や腰痛、お腹の張りなど要注意!!

初産の陣痛
出産初産の陣痛について
初産の陣痛の兆候は人によって様々です。「おしるし」や、「前駆陣痛」はもうすぐお産が始まる兆候とも言えますので、近日中に陣痛がくると思ってよいでしょう。

ここでは、初産の陣痛の兆候や痛み、対処法についてご紹介します!

スポンサーリンク

初産の陣痛の兆候について

初産の陣痛
初産の陣痛の兆候は人によっては経験しないケースもあり、いきなりお産へ繋がる破水や本陣痛が来ることもあります。

特に破水が起こった場合には細菌感染のリスクがある為、産院にすぐに連絡して入院する事がほとんどで、明らかに生臭いにおいがする為、初産婦でも気づく事が出来るでしょう。

問題は陣痛に気づくかどうかですが、初産婦でも明らかに今までに経験した事の無い痛みな為、気づかない人はまずいないでしょう。特に破水があった人にとっては急激にお産が進む恐れがある為、初産婦でも注意が必要です。

初産の陣痛の痛みとは?

初産 陣痛
では陣痛時の痛みとはどのような感じかというと人によって強さは様々ですが、15分や10分間隔で定期的に来るという事がポイントです。

初めは痛みの時間帯は短く、普通に生活出来ますが、徐々に痛みの間隔も短くなり、痛い時間も長くなる事がポイントです。生理痛がひどい状態の痛みや腰が砕かれそうな痛み、立つと足がガクガク来るような痛みなど例えはまちまちですが、お腹の張りを伴うことも陣痛の兆候の一つでもあります。

お産が終わるまで胎動はあるので、胎動も一緒に注意しておきましょう。

陣痛がきた時の対処法は?

初産 陣痛
陣痛が来た場合には初産婦の場合には長時間なお産になるので、入院グッズの再チェックや食事を摂ったり、仮眠、入浴したりと準備をしておく事が大切です。「いつから痛みが来たのか」をメモをしておくと、産院に連絡するタイミングが解ります。

注意すべき点は、破水を伴っている場合には入浴をすると細菌感染のリスクがある為、入浴はしないようにすることです。

Return Top