妊娠育児ライフ

Read Article

妊婦さんは胃が痛い時、薬を飲んでも良いの?原因や対処法は?

妊婦 胃痛 妊娠中の病気「胃痛」について
妊婦さんは、今までと違って色々な体の不調を起こす場合が多く、その中に胃痛があります。妊娠初期にはつわりによる胃痛や胸焼けが起こりやすくなります。原因はホルモンバランスの変化が主で自律神経が乱れて胃粘液分泌の減少や胃酸過多が起こり胃痛につながることがあるからです。


スポンサーリンク

胃が痛い原因は?

胃痛の症状 妊娠中期から後期は胃痛が治まる方が多いですが、続く方は後期つわりが起こっていると考えられます。特に妊娠後期は赤ちゃんが大きくなって子宮が胃を圧迫することで胃痛や胸焼け、食欲不振、逆流性食道炎の症状が出る場合があります。胃痛、胸焼け、吐き気、げっぷなどの症状が現れますが、産後は症状が全く無くなるのでもうひと頑張りです。

妊婦さんの対処法について

妊娠中の食事 対処法ですが、消化が良くなるようによく噛んで食べるということ、胃酸過多になりやすいので一度にたくさん食べるよりも、食べる回数を増やして一度にたくさん食べないようにするという方法もあります。空腹になると胃酸が増えて粘膜を傷めるので、お腹の中に食べ物を入れておくというのもおすすめです。ただ、食べ過ぎると妊娠中は特に太るのでカロリーコントロールもしっかりと行うのがオススメです。

普段なら平気だった香辛料や刺激物でも妊娠すると胃の負担になりますから控えるようにしましょう。キャベツ、ヨーグルト、アロエ、梅干し、リンゴ、ホットミルク、おかゆ、うどんなど胃に優しいと言われている食材を選ぶのも大切です。

Return Top