妊娠育児ライフ

Read Article

子供のかかとが痛い原因とは?テーピングの簡単なやり方を紹介!

かかとが痛い 子供の病気かかとの痛み
子供のかかとが痛い原因として、成長痛も考えられます。例えば歩くのは問題けれど走ると痛いとか、手で押さえると痛みが走る、ジャンプするのが痛い、こういった場合は成長痛であると考えられます。


スポンサーリンク

症状やテーピングの簡単なやり方

子供の病気 ポイントは歩くのは平気ということでしょう。歩いても痛い場合はなんらかの病気または怪我、もしくは靴があっていないことなどが考えられます。成長痛は小学校4年生程度から中学2年生程度くらいの子供がなることが多いものです。特にスポーツをしている子は発症しやすい傾向にあるため、かかとが痛い様子があったりそのような症状を訴えだしたりしたら様子をみてあげましょう。

⇒ テーピングのやり方【動画】


テーピングは一度専門の指導をうけてからの方が確実ですが、上で紹介した動画のようにYouTubeなどでアップされているものもありますから、参考にしてみるといいでしょう。

伸縮性のあるテーピングを使います。かかとをぐるっと一周させられるような長さを用意し、かかとを包むように一周貼りましょう。これだけなので簡単ですが、痛みが続いたり増してきたりするようなら、できる限り早めに病院を受診しましょう。

Return Top