Read Article

よもぎ温座パットが不妊に効果的!使い方は?

妊活の方法
妊活「よもぎ温座パット」について
よもぎ温座パットは不妊に効果的と言われています。病院で検査をしても子宮筋腫でもなく内膜症でもないけれど、生理の時に経血にドロリとした塊がある場合には、子宮が冷えていることがあるとされています。

子宮が冷えていることは血行が悪いことと同意義となり、血行が悪いと綺麗な血液が子宮をめぐることができずに赤ちゃんを受け入れるためのふかふかのベッドを作ることができないということです。そのため、子宮を温めることで、赤ちゃんを受け入れるためのふかふかのベッドを作れるようにしていきます。

スポンサーリンク

よもぎ温座パットの使い方

よもぎ温座パットの使い方
よもぎ温座パットは子宮をダイレクトに温めてくれる『よもぎ蒸し』を手軽に行えます。使い方は、生理用ナプキンのようなパットと小さな発熱体がセットになっています。パットは、直に発熱体をふれさせず、よもぎの成分を含ませるためのものです。

発熱体は、普通のカイロと同じような構造となっているため、振ってから使用すると一気に熱くなり、熱すぎてつけていられなくなることもあるため、初めて使う場合には、振らずにつけたほうが安心です。家事や仕事などの日常の動きでも十分に温めることができます。
よもぎ温座パットの注意点
ただし、よもぎ温座パットは、生理中は使うことができないため、注意が必要です。排卵期は体温が下がりやすいため、排卵期あたりまでつけると効果が期待できます。また、低温火傷を防ぐためにも長時間つけ続けないようにします。2時間から3時間でも効果は期待できます。

Return Top