Read Article

妊娠初期症状はいつから?着床や自覚症状はある?

妊娠初期症状
妊娠「妊娠初期症状」について
妊娠を待ち望んで妊娠検査薬を使ってみるも、「いつもフライング…」という女性も多いものです。一日でも早く妊娠していることを知りたいという気持ちから、どんな症状がいつから出るのか気になる人も多いはずです。

スポンサーリンク

妊娠初期の着床について

妊娠初期症状
妊娠の最初の難関が着床です。精子と卵子が出会い、受精卵になってから卵管を通って無事に子宮にたどり着くと着床することができます。この期間が約7日間から10日間と言われ、着床することで母体に変化が現れるのを感じ取る女性もいます。

着床出血などは最も有名なものですが、必ず起こる自覚症状ではないので、ないからと言って妊娠を否定するものではありません。

妊娠初期の自覚症状は?

妊娠初期症状
そのほかの妊娠初期の自覚症状としては、胸が張る、痛みがでる、熱っぽいなど、強く症状の出る場合から見逃してしまいそうなかすかな症状までと個人差があります。

下腹部が痛くなったりするなどは生理前の症状に酷似しているため間違えてしまうこともあります。

妊娠検査薬を使う時期は?

妊娠初期症状
妊娠したかどうかは妊娠検査薬を使えばほぼ99%の確率でわかります。しかし、使用できるのが生理予定日一週間後からというものがほとんどですので、ついついフライング検査をしてしまうことになります。この時期には検査しても陽性の結果が出ない場合がありますので、検査薬は時期を守って使用するようにしましょう。

この、着床による自覚症状はそれ以前に出てくることも多く、もどかしい思いをするかもしれません。中には妊娠に全く気が付かないで生活してしまうというケースもありますので、妊娠初期の症状は個人差が大きくあるということを覚えておきましょう。

Return Top