妊娠育児ライフ

Read Article

35歳以上で妊娠したら保険に入っておくのが安心!その理由は?

妊娠 保険 妊娠「保険」について
35歳以上での出産は高齢出産の範囲に入ります。特に35歳以上だからと言って産科医から高齢出産であるということを言われるわけではありませんが、一応自覚しておいた方がいいです。というのは、出産は何が起こるかわからないからです。


スポンサーリンク


医療保険をおススメする理由

医療保険の手続き 自然分娩できれば一番理想ですが、なかなかお産が進まなかったりすることも大いにあります。そうなると帝王切開の可能性もあることを知っておいた方がいいです。今は5人に1人が帝王切開で出産していますから、かなりの確率です。

高齢出産になればなるほど、自然分娩が出来ない確率が上がります。となると、帝王切開になってしまうのですが、これはお腹を切る手術になりますから、保険が適用されます。そうなると、もし医療保険に入っていたら、保険が下りるのです。なので、35歳以上で初産であれば、医療保険に加入することをおすすめします。

妊娠中だとなかなか保険に入ることができないことが多いのですが、コープ共済だけは、妊娠中でも加入することができます。私も、妊娠中にコープ共済に加入し、なかなかお産が進まず緊急帝王切開になったので、保険が下りました。ただし、初めての時だけなので、2人目の帝王切開には適応できませんので気を付けてください。

Return Top