Read Article

【妊娠後期】 貧血の症状や食べ物での対処法は?

妊娠後期の貧血
病気妊娠後期の貧血
お腹にいる赤ちゃんに栄養を運ぶため、約3~4割の妊婦さんが貧血になっています。日本では妊婦さんの貧血に対する危機感が薄く、対処法もよく知られていません。そこで今回は、妊娠後期の貧血について症状や対処法をご紹介していきます。

スポンサーリンク

妊娠後期の貧血の症状は?

貧血の対処法
妊娠前は大食いだった人も、妊娠中は食欲がなくなってしまいます。しっかり食べることができないため、鉄不足になり貧血になる人が多いようです。妊娠中期や妊娠後期は、初期の頃よりも貧血の症状が出やすいのですが、体が慣れてしまうことなどにより、自分が貧血になっていることに気付かない妊婦さんもいます。

妊娠後期の症状としては、「体の怠さ・疲れやすいなどの倦怠感」「寒気を感じる」「冷え性になる」「めまい」「頭痛」「舌炎」がみられます。妊娠中の貧血は、母体だけでなく お腹の赤ちゃんにも悪い影響を与えてしまうので、貧血の症状が出ているかどうかに関係なく 対処法(予防法)をしていきましょう。

食べ物での対処法はコレ

貧血の症状
貧血だからと言って、すぐに薬やサプリメントに頼るのはよくありません。まずは、副作用のない「食べ物」で貧血対策をしましょう。鉄分を摂れる食材というと【レバー】を思い浮かべる方も多いかもしれませんが、レバーにはビタミンAが多く含まれているので毎日摂取するのはオススメできません。

レバー以外の食材でも鉄分を摂ることはできるので、鉄分を意識した食生活を心がけ、それでもだめな場合は 鉄剤を処方してもらうことができるので、お医者さんに相談してみてくださいね。

Return Top